県産材を使った床リフォームなら愛媛県今治市の「大工建設」

大工建設の床リフォーム

満足度の高い仕上がりをお約束

経験豊富な大工建設の床リフォームでは、厚さ30mm、幅150mm、長さ4mの大きさまでは「継ぎ目」を作ることなくキレイに収めることができます。
確かな技術と長年の経験である匠の技が、満足度の高い仕上がりを約束いたします。

住宅は建築後20年位で、合板材料を使っている床材の多くにたわみやきしみ、剥離などの現象が現れてきます。
床下の、土台・大引き・根太などは、床下換気がきちんとできていれば、白蟻の食害や湿気による腐食などはほとんど見受けられません。
今のフローリングに直張りする工法で、十分強度が保てます。さらに廃材も出ず、何より時間が短縮されるというメリットがあります。このメリットは安価で仕上がるということにも繋がります。どうぞ参考にしてください。

地元密着の工務店

地元のお客様に愛されるよう、丁寧で小回りの利く仕事をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です